東鳳翩山・西鳳翩山

東鳳翩山(標高734.2m)、西鳳翩山(741.9m)と連なっており、どちらも登山道が整備されて登りやすい山です。東鳳翩山は「新日本百名山」に選ばれています。
どちらも登山道が整備され登りやすく、山登りといえば「東鳳翩山」という人もいるほど親しまれているシンボル的存在です。
山の頂上はもちろん、登山途中も絶好の眺めが楽しめ、県内外からたくさんの人が登山に訪れます。山頂は、360度の大展望台。天気のいい日は九州の山々も見えます(写真下)。

関連記事

ページ上部へ戻る