雲谷庵(うんこくあん)

1450年代中頃、雪舟は山口を訪れ、大内氏の遣明船 で中国に渡り本場の水墨画を学びました。帰国後各 地をめぐった後、再び山口を訪れ、この場所にアト リエ・雲谷庵を構えました。雪舟はこの庵を拠点に 活躍し、「山水長巻」などの傑作もここで描かれたと いわれています。雲谷庵から、国宝瑠璃光寺五重塔 が臨めます。

tour

関連記事

ページ上部へ戻る