周布政之助の碑、周布政之助の墓

sekisyu-8-9

周布政之助は長州藩改革派の盟主。激動の時局の中、国事に奔走。吉田松陰、高杉晋作らをよく庇護し、大村益次郎を藩士に登用し兵制改革を行わせるなど、維新への下地を作りましたが、元治元年(1864)9月26日、禁門の変の責任を一身に受け自刃しました。時に42歳でした。

関連記事

編集部のオススメ!

ページ上部へ戻る