井上馨遭難の地(袖解橋)

元治元年(1864)9月25日、中河原の山口政事堂で開かれた御前会議で、井上馨は、幕府に謝罪しようとする保守派に対し、武力を備えて幕府に対抗する方針を主張。その後、湯田の自宅への帰路、袖解橋で保守派の壮士数名によって襲撃され、重傷を負いましたが、医師・所郁太郎の治療によって一命をとりとめました。

関連記事

ページ上部へ戻る